お金の貸し借り

お金の友人同士の貸し借りの場合注意しておくのは、文書をきちんと残しておくことです。
メールでもなんでもいいから証拠を残しておくことで、貸した貸さないのトラブルに発展しないですし、金額の管理も容易にできるからです。もっとも金は人を惑わせるものですので、基本的に大切な人と貸し借りはしないように努めるのが無難です。
トラブルを未然に防ぐためにも常日頃からお金の管理をきちんとしておくことが何よりも重要なのです。
カフェで一休みって私大好きです。定番のカフェもありますが、雑誌やネットで見つけたカフェに行くのも大好きです。 カフェではコーヒーが専門です。ケーキを頼みたいところだけど、体重が気になるし、お金も使ってしまうので、我慢我慢です。 カフェは私の生活には欠かせません。やりたいことを何か一つだけ残していいと言われたら、カフェを残します。少ないお給料の範囲でカフェ代をやりくりするのは大変だけど、これからも通うつもりです。 消費者金融限度額引き上げ情報@モビット
20代前半だった頃、いわゆるリゾートバイトというものをしたことがあります。観光地にあるリゾートホテルのレストランや喫茶店で働いていました。 そのホテルから歩いて数分のところに従業員の寮があり、バイトのスタッフもみんなそこに住んでいました。 一ヶ月たったの2000円ほどで住めて光熱費もかかりませんでしたし、まかないも出るバイトです。効率よくお金を貯めるのにはぴったりでした。仕事はきつかったのですが、お金をかけずに生活できたのでとても助かりました。 今すぐにお金が必要【在籍証明書なしでも借り入れ出来るカードローン】
夫婦共働きで、夜は子供の習い事やクラブチームなどで外に出っぱなしの私は、買い物に行く時間がありません。 スポーツをしている息子のために、栄養はしっかり管理したいのですが、忙しくて手が回りません。 そこで最近、夕食材料を配達してくれる業者にお願いしています。 金銭的には多少割高ではありますが、栄養のバランスはバッチリ計算してありますし、 翌日のお弁当のおかずの足しにもなり、メニューを考える必要もないし、マンネリ化もなく、とても助かっています。 多少の割高代は、様々なメリットによりチャラですね♪

お金と人

| コメント(0) | トラックバック(0)
お金ってなんでこう人を変えるんでしょうね。もともといい人だったと思っていた人がお金のトラブルで脅してきたりするのを間近で見てきているので結構、人間不信だったりします。それが本性だったのだったのでしょうか。よく分かりませんがそんなわけで私はお金は貸さないし、絶対に借りないと考えています。もし貸す時はあげるという気持ちで渡します。返って来ることは絶対に考えないこと。これが一番だなって思います。人とのつながりなんてもろいもの。お金でぱーっとすぐに壊れてしまうものなのです。
私は美味しいものを食べるのが大好きで、色々な場所へ出掛けては、その土地でしか食べられないものを食べています。 ですが私にはこの事に関して悩みがあるのです。 それはお金がやたらと掛かってしまうと言う事です。 先ず美味しいものがある場所に行くのに旅費が掛かってしまいます。 更に美味しいものを食べるのにもお金が掛かってしまうのです。 その上お土産まで買ったら、かなりの出費をする事になります。 私のグルメ旅を執筆して本にして、誰か買ってくれないものかと、時々思う事があります。

現実感の無い出費

一時期、ショッピング依存症だった事があります。
ショッピングの度に現金を持ち歩いたりするのは面倒だし、ネット上でショッピングをする為にはクレジットカードが要るので、もっぱらそちらでショッピングを楽しんでいました。
ただ、やはり現実にお金を手放すのを見たり実行したりしないと、金銭感覚と言うのは麻痺するようです。
一度銀行の残高が無くなって、カードを止められた事があります。
家族から借金をして何とかしのぎましたが...。
まさか自分がクレカ借金に踏み込みかけていたと言うのは今考えてもゾッとします。
常日頃から貯金をしておけば急な出費があっても安心なのですが、お金を計画的に貯めるのは難しいものです。

そういう貯金がないときに限って出費が多くお金が足りなくなることがよくあります。

お金がないと生活していくことができないのでお金がなければ借りるしかないのですが、友人に頼み込んでもすぐに借りれるものではありません。

そんなお金に困ったときに頼りになるのが消費者金融です。

消費者金融は担保なし保証人なしで申し込み手続きを進めることができ審査も短時間で終了します。

自動契約機から申し込み手続きをすればその日のうちにカードが発行してもらうことも可能です。